こんにちは。 市夏です。

 

私たちは、日々普通に生活をするだけでも、仕事や家事、育児、
また、会社や地域の人達との付き合いなど、忙しいものです。

 

そして、それらのことは当たり前のこととして、何の疑問も持たずに
やっていると思います。

 

毎日無事に過ごせているだけで十分。
充実しているし、将来の不安もないから大丈夫!!
という人は、いいでしょう。

 

 

でも、もし

「あれもしたい。これもしたい。でも忙しくて時間がない!」

「もっと早く寝たいのに、毎晩遅くなってつらい。」

「気が付いたらこんな時間!またできなかった・・・。」

などと感じてるなら、この先も読み進めてくださいね。

時間の使い方を見直してみましょう。

 

 

本当に時間がないのか?

まず、本当に「時間がないほど忙しい。」のかどうか
確認してみましょう。

頭で考えるだけではわかりにくいので、朝起きてから
寝るまでの自分の行動を、書き出してみます。

細かく、分単位で。

 

例えば、今日の私の場合だと、

5時20分  起床、洗顔、着替え

5時30分  朝食準備

6時     朝食

6時10分~  後片付け、ゴミ出しなど

7時     夫見送り、 洗濯1回目、
       その間に掃除

7時40分  子供登校後、洗濯2回目、
       1回目の洗濯物を干す、掃除続き

8時50分  出かける準備

       :

こんな感じです。

これを、丸一日分書いていくと、どこかで必ず
「こんなに時間かかっていたっけ・・・?」とか、
「何していたか思い出せない。」と思うところが
いくつかあるはずです。

 

さらに、さらに何日か書くと、自分の行動パターンが
見えてきます。

 

ここで、
「こんなに時間がかかるはずないのに、なぜ?」と
思うところがあったら、見直しポイントその1です。

 

そして、自分の行動パターンが見えてくると、

「通勤中は何もしていないなぁ。」
「毎日何となくテレビを付けているなぁ・・。」
とか「行きたくないのに誘われてることが多いなぁ。」など、
絶対に必要でないことや、無駄にしている時間が見つかる
かもしれません。

そこが、見直しポイントその2です。

 

時間は有限だと意識する

こんなに時間がかかるはずないのに、あっという間に
過ぎていた。ということは、よくあると思います。

それが大切や用事だと、つい、仕方がないと諦めて
しまいがちです。

 

例えば、会議や子供の世話など、相手のあることや、
予想が付かないことが多いでしょう。

しかし、だからといって時間が増えるわけではありませんから、
そのあとのスケジュールがこなせなくなったり、終わりが遅くなって
「時間がない。」「またできなかった、そのうちやろう・・・。」と
なりがちです。

なので、終了時間が決まっていないことも、あえて終了時間を
決めてしまいましょう。

 

相手があることなので、簡単ではないかもしれませんが、
相手が大人なら、嘘でも「〇時から次がありますので。」とか言って
時間を区切る。

自分一人でやる作業なら、何時までと決めてから始める。

例えそのあと用事がなくても、ダラダラとやることはやめる。

 

まずは、「時間は有限」という意識を持つことが大切です。

 

ただ・・・子育て中、特にお子さんがまだ小さいうちは
そういうわけにもいきません。
私も当時はできていなかったので^^;

この場合は、「これも今だけ。」と割り切ってしまうことも
必要です。
その上で、ダラダラはやめる。ご飯の時間だけでも決めておく。
など、しつけに絡めてできる範囲で。^^

 

なんとなく・・・をやめる

自分の行動パターンの中で、何となく習慣になって
やっていることや、ぼっーとしている時間があるなら、
見直すべきです。

 

例えば、帰宅したらすぐにテレビをつけるとか、
通勤中は何もせずぼっーとしていたり、ゲームを
している、主婦であれば、何となく1日中テレビが
つけっぱなし・・・などの、必ずしも必要でない
行動です。

 

テレビを見るのも、目的があってならともかく、
ついていないと不安だとか、暇だから見ている。という
ことだと、時間の無駄遣いになります。

その時間をほかのことに充てることができれば、
やりたいことをやる時間は確保できます。

 

私も、この話を聞いたばかりのころは、
「だったら、何かをしながら見るなら無駄にはならないよね。」
と、家事をしながらならいいだろうと、都合のいい解釈をして
テレビをつけていました。

 

でも、つい画面に目がいってしまうので、手が止まったりするし、
一度つけてしまうと見たくなってしまう・・・。

これではいけないなと思い、何となくテレビをつけることは
やめましました。

必要なときだけ。(でもこれが意外にないのです。^_^;)

 

すると、例えばアイロンがけだけするのはもったいないと思い、
テレビを見る代わりに受講中の音声セミナーを聴くようになりました。

一度はノートを取りながら聴いても、何度も聴きたいものも
あるので、そういう時にはピッタリだと思いました。

 

こうして不要なことをやめていかないと、新しいことは
取り入れられないな。と実感したことの一つです。

 

通勤など移動の時間、洗濯など機械がやってくれることなどは、
自分の体が空いているので、ほかのことができますよね。

もちろん、その時間をゆっくりできる時間にしているとか、
意味があってなら構いません。

それでリフレッシュできて、そのあと有効に過ごせるなら。

 

時間の作り方 まとめ

とうことで、「時間がない!」を解決するには、

時間は有限であることを意識しながら、

今までの行動を何か一つやめてみる。

 

いきなりたくさんの時間を作れなくても、何か一つ変われば、
また次・・・と変化していくものです。

最初からうまくいかないかもしれません。
でも、それで諦めないで、何度もやってみましょう。

もっと違うものを辞めるべきかもしれませんし、
それはやってみなければわかりません。

 

ここまで読んでくださったあなたは、これからアフィリエイトを
始めたいと思っているかもしれませんね。

 

でも、時間がない、忙しからそのうち・・・と思っているなら
ぜひ、試してみてください。^^

 

読んでいただきありがとうございました。

市夏

 

私は

夫の収入だけに頼らず、自分らしく生きたい!

そのためには経済的、精神的にも自立しなければ。と
アフィリエイトを始めました。

正しい方法でやることやればできる!を
パソコンが苦手なアラフィフ主婦がお伝えします。

市夏へのメールはこちらから

 

アフィリエイトを始めてみたい!と思ったら

「アフィリエイトの入門書」をこちらからどうぞ。
  

 初心者さん続々参加中!!
   ↓  ↓  ↓