こんにちは。 市夏です。

 

私は以前
「やらなくちゃいけないな~。」とか「やりたいな。」と
思っていることを、つい先延ばしにすることがありました。

 

理由は、急ぐことじゃない。どうしても必要ってことはない。
もしくは、面倒くさい。(^^; です。

でも、それだと必須でないことは「まぁいいか。」になって
結局やらないままになってしまうし、

急いでいないことを延ばすと結局あわてて、しかも忙しい時にやる
羽目になったり、といいことは一つもありませんでした。

 

何度か、「あ~あの時早くやっておけばよかった・・・。」と
いう思いをしましたが、一応学習したのか、最近は先を見越すことも
できるようになり、逆に「早めにやっておいて良かった~!偉いぞ私。」
と、自画自賛することも。^_^;

もし、あなたも「先延ばししてしまう癖」があるなら、
この先も読んで、参考にしてみてくださいね。

 

ステップを小さくしてみる

先延ばしにしてしまう理由の一つとして、やろうとしていることに
取り組むのに、大きなエネルギーが必要と感じている。ということが
あります。

 

でも、大きなエネルギーが必要でも、やりだしたらできてしまった。
という経験をしたことがあるのではないでしょうか。

 

ポイントは、「感じている。」というところで、ただの
思いこみ、やらない言い訳を勝手に作ってしまっていることもあります。

 

また、思いこみではなく、本当に時間も労力も必要なこともあるでしょう。

 

いずれにしても、言えるのは、

最初から全部やろうとしない = ステップを小さくする

ということです。

 

「今日はここまではやろう。」と、とりあえず少しでも進めるのです。

そこで一気に行けそうならやってもいいし、少しでも進んだら
「じゃあ明日はここまで。」とまた
少しずつ進めていきます。

 

すると、いつの間にか終わっていた、もしくは最後まで終われなくても
量は減るので、それでもことによっては一歩前進です。

 

環境を変えてみる

単純作業などは、いつも同じ場所や時間でやっているとマンネリを
感じてしまいます。

 

なので、たまにはやる順番を変えてみるとか、自宅や会社から
違う場所(カフェとか図書館など)でできるなら出かけてみると、
気分転換になって、捗るかもしれませんよ。

 

短い期間でスケジュールを組む

時間や労力が必要なものは、作業を細切れにして、それに期限を設けます。

大きすぎて漠然としていたものが、小さくすることで具体的になり、
期限までにやらなくてはという意識が高まるはずです。

 

すると「今日やっておかなければ、あしたはもっと大変だ。」
感じて、今日やる理由もできて先延ばしにすることもなくなります。

 

邪魔なものを排除する

最近は、スマホを持っている人がほとんどだと思いますが、
通知音が鳴ると、つい気になってしまいませんか?

そして、ついついチェックしてしまう・・・。

これでは、やらなきゃいけないこともできなくて当然です。

 

「やるぞ!」と決めたら、スマホをマナーモードにするか、
電源を切る
という対策を取りましょう。

自宅なら、テレビをつけない。ですね。

 

行動している人と会う、話す

人は人に影響を受けやすいので、(人がやっていることを
自分もやりたくなるとか、人に言われると気になる、など)
やろうと思っていることを先延ばしにしそうになったら、
やっている人に接することです。

直接会わなくても、メールで連絡し合うこともできますし、
ブログやSNSでも頑張っている様子を見ることができるので、
そうやって刺激を受けてみるのも有効です。

 

私は、やらなければいけないことの期限を、裏切れない人に
宣言します。

最近はもっぱら、アフィリエイトの作業に関してですが、
指導してくださっている先生や先輩、そして仲間にも
進捗状況と次の目標を時々ですが宣言しています。

 

すると、逃げられない状況が作れるし、声もかけてもらえるので
今のところ、私にはこれが一番効果的です。

 

早すぎることはないと心得る

「まだ早い。」「もっと後でいい。」という人は、結局
いつまでも時期尚早だと思っているものです。

準備が整ってから。というのも、先延ばしになる大きな原因です。

やっていくうちに変わっていくこともあるので、完璧な準備
なんてあまり意味がありません。

 

やろうと思ったらさっさとやった方が、手遅れになることがないので、
修正もききますし、チャンスも逃しません。

 

考えすぎない

あれこれ考えれば考えるほど、やらない理由が出てきます。

計画や戦略を立てても、行動しなければ何も変わらないので、
やろうと思ったら、考えすぎないことも大切です。

 

先延ばしをやめるには まとめ

まずは、簡単なこと、やれることから手をつけてどんどん
やっていきましょう。
すると、気が付いたときにはかなり進んでいるはずです。

 

「いつかやろう。」のいつかは永遠に来ないとも言いますし、

画家のピカソもこういっています。

明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでも
かまわないことだけ。

 

ここまでストイックになるのは難しいかもしれませんが、
せめて、「今やっておけば後が楽。」ぐらいから
先延ばしをやめてみることはできるのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

                      市夏

 

PS

アフィリエイトに興味があってこのブログにたどり着いたなら、
「今」始めませんか?

はじめの一歩のお手伝いをこちらから。 ↓  ↓