こんにちは。 市夏です。

 

今日のタイトルは、先日新聞で読んだ記事です。

 奨学金というのは、大学などに進学する人が、国から借りる
お金のことですね。

 

 借りているので、当然返さなければいけないのですが、
最近では返済ができず、
自己破産をする人が増加傾向に
あるとのことです。

 

 そして、自己破産をするのも、借りた本人だけでなく、
連帯保証人や
保証人になった親や親戚にまで及ぶとか。

 

もちろん、奨学金だけが原因で自己破産するわけでは
ないようですが、返済金が生活を圧迫しているということ
なので、誰にでも起こり得ることではないでしょうか。

 

 原因としては、大学を卒業しても、正社員で働けず収入が
安定しないため、返済がままならないとか、
 代わりに保証人が支払うといっても、そもそも奨学金を利用して
進学するということは、進学費用を親が払えなかった場合も多いわけです。

 

そして、その親が歳を取って収入が増えているということは、まず
考えられないため、共倒れになってしまうということですね。

 

 本人も保証人(家族)も、大学を卒業すれば、ちゃんと就職して
返済できると思って借りたはずです。

 

 自己破産するなんて夢にも思っていなかったでしょうが、
今や正社員で定年まで働けるという保証はありませんからね。

 

 我が家は、小学生の息子が一人いますので、他人ごとではありません。

まぁ、そんなことにならないようにとアフィリエイトを始めたのですが。

 

 

息子もすでに、行きたい高校や専門学校があるようで、その時になって

 

「お金がないから。」って夢を諦めさせることだけはしたくありません。

 

さらにこの先、20年、30年後、日本の社会保障制度が
どうなっているかもわかりませんよね。

 

 現状では、今よりも良くなっているとはとても考えにくいです。

もう、「国よ~早く何とかしてくれ~!!」なんて
言っている場合ではないと私は思います。

 

 奨学金制度にしろ、返済できない人がさらに増え続ければ、
次に貸すことができませんから、制度自体が破たんする恐れも
十分あります。

 

 年金制度も然りです。
 年金を支払う若者が減っている上に、収入がないから
年金が払えませんとなったら・・・。

 

 もう、老後を年金で、なんてのんきなことは
言っていられないのです。

つまり、

 自分で何とかするしかない。

ということですね。

 

あなたが年金を受給できるまで、あと何年でしょうか?
 (今後、受給年齢が上がる可能性もありますが)

 10年、20年、30年、長いようであっという間です。

でも、今から準備しておくには十分とも言える年数ですよね。

 

このブログを読んでくださっているあなたは、アフィリエイトに
ついて調べているうちに辿りついたのか、この記事のタイトルで
検索してなのかはわかりませんが、いずれにしても何かしらの
危機感を持っているということだと思います。

 

 

私は、勤めていたパート先(名前を聞いたらほとんどの人が
知っているようなところですが)の経営不振がきっかけで、

「もう、雇われて働くことが安定とは言えない時代なんだ。」

ということを痛感し、これからの生活を安心して送るには
自分の力で何とかしなければとアフィリエイトを選びました。

 

 

まだ老後までには何十年もあるし、子どもも小さいし・・・と
思っていても、月日はあっという間に流れていきます。

また、今はまだ大丈夫と思っていても、私のように突然職場を
失うこともあるかもしれません。

 

その時になって、慌てなくてもいいように、対策を取っておくと
いうことは決して無駄ではないでしょう。

 

 

アフィリエイトは、仕組みさえできれば収入の可能性は無限大です。

でも、すぐには稼げるようにはなりません。

あなたも、

 「〇〇だけで1か月100万円」とか、「すぐに稼げます!」
なんてコピーを目にしたことがあるかもしれません。

 

でも、そう言っている人は、悪いことをしているか、
寝る間を惜しんでモーレツな努力をしたからこそ、
「 すぐに稼げた。」という意味だったりします。

なので、平凡な私たちは、コツコツと地道な作業を
重ねていく必要があるのです。

 

 

私が取り組んでいるのは、「ブログメルマガアフィリエイト」
と言って、ブログとメルマガを組み合わせた最強とも言える
アフィリエイトです。

(何が最強かはまた改めて)

その基本を学べるのがこちらです。

 

登録していただくと、アフィリエイトの「ア」から学べる
アフィリエイトの入門書をプレゼントしています。

 

では、読んでいただきありがとうございました。

質問、お問い合わせもこちらからお気軽にどうぞ。

 

市夏