こちらの記事の続きです。

アフィリエイト基礎講座① アフィリエイトとは?

 

アフィリエイトの種類

アフィリエイトと一口に言っても、様々な形態があります。
何を基準に分けるかでも違ってきますので、ここに書かれたものが
すべてではありません。

 

私なりに、わかりやすく大まかに分けると次の3つになります。

 

物販アフィリエイト

読んで字のごとく、商品を紹介して、売れたら売り上げの何パーセントかを
報酬として受け取るのが、「物販アフィリエイト」です。
前項でも紹介したA8.netafb(アフィb)が大手で利用者も多く、
初心者にも使いやすいサイトでしょう。

 

化粧品や健康食品、保険相談のサービスなど、扱いやすい商品がそろっています。
自分の趣味や得意なことを生かしたブログを作れれば、初心者にも
取り組みやすいと言えます。

 

ただ、報酬は売上の数パーセント程度なので、多くのアクセスを集めて
たくさん販売することが必要です。

 

情報商材アフィリエイト

いわゆる、情報を売るのが、「情報商材アフィリエイト」です。
「情報を売る」というと、馴染みがないかもしれませんが、
本を購入するのは、情報を買っているということですよね?
情報商材とは、主に人々の悩みを解決するための情報を ネット上で
PDFファイルなどに変換して提供されます。

 

お金を稼ぐ系(転職、ネットビジネスなど)
美容、健康系(ダイエット、バストアップなど)
恋愛系(モテたい、出会いなど)

これらがよく扱われる分野です。

 

 

情報商材は、インターネットという形態上、
販売は購入者がPDFファイルのダウンロードをすることで成り立ちます。

 

なので、印刷代や書店で販売するための諸経費などがかかりません。
その分、アフィリエイト報酬が高額に設定されているものが多いのです。

 

 

物販が数%から多くても20%程度なのに対して、情報商材アフィリエイトは
30%とか50%はざらにあります。
しかも、単価も最低でも3千円程度、2~3万円ぐらいのものが主流なので、
物販アフィリエイトでひとつ売れるのと比べたら、効率がいいのは明らかです。

 

物販アフィリエイトと情報商材アフィリエイト、それぞれの
メリット、デメリットがあり、ブログの構築方法なども違います。
が、ここで語りだすと、とんでもなく長くなってしまうので
(ここまでですでに長いですが^^;)
物販アフィリと情報商材アフィリの違いなども、
また、別記事で書いていきますね。

 

 

Googleアドセンス

Googleアドセンスは、何か物を売るわけではないので、
上記2つのアフィリエイトとはちょっと違いますが、
ブログやサイトを媒体として行うという点では同じです。

 

名前にもある通り、Googleが提供する広告配信サービスです。
自分のサイトに載せた広告がクリックされるだけで報酬が発生する
仕組みとなっています。

 

ただし、広告を掲載するにはGoogleの審査に通過しなければいけません。
ワンクリックで数十円ぐらいからの報酬ですが、アドセンスだけで
月に数万円、数十万円と稼いでいる人もいるようです。

 

また、アフィリエイトの実績作りのために最初に取り組む人も
いるようですが、私はやっていません。

サイト内に「スポンサーリンク」「広告」などと書かれているのがアドセンス広告です。

 

まとめ

以上が、「何をアフィリエイトするか。」という視点で
分類した、私なりのアフィリエイトの種類です。

 

続いては、アフィリエイト基礎講座③ アフィリエイトの始め方 です。