こんにちは。  市夏です。

 

今日は、アフィリエイトで稼げるようになったら考えなければいけない、
「確定申告」についてのお話です。

アフィリエイトに限らず、ネットビジネスで収入を得るようになると、
「個人事業主」として税金を納めることになります。

 

ただ、年間いくらの所得があったかで、税金の支払いが
必要か不要かが決まってきます。

 

なので、「ネットビジネスでいくら稼いだら、確定申告の必要があるのか。」
という、最低限知っておきたいことから
、順を追って解説していきますね。

 

アフィリエイト収入が入ったら必要!?確定申告とは?

まず、そもそも確定申告とは何か?を簡単に説明します。

 

サラリーマンやOLとして働いている場合、給料から所得税を
天引きされているのはご存知だと思います。

そして、年末になると概算で引かれていた所得税を清算し、確定させます。

いわゆる「年末調整」ですね。

 

これを行うことによって、1年間の所得税が確定します。
引かれすぎていて戻ってきたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

このように給料をもらって働く人は、例外もありますが大抵の場合、
税金の納付などの手続きは会社がやってくれます。

 

 

しかし個人事業主となると、収入の計算や税金の計算、
支払いの手続きは自分でしなければなりません。

それが 「確定申告」です。

 

毎年、1月1日から12月31日までの所得に対して、
翌年の2月16日から3月15日までに申告、納税します。

 

アフィリエイト、確定申告が必要なのはいくらから?

では、ネットビジネスで稼いだら、いくらでも申告しなければいけないかと
言うと、そうではありません。

 

まず、基礎知識として収入とは何か、所得とは何か?ということを表にしました。

収入  あなたが稼いで入ってきた全額
所得  収入から経費を差し引いた額
課税所得  所得 - 控除 = 最終的な所得税の課税対象額
経費  収入を得るために必要な支出 (ASPの手数料、ドメイン、サーバー代 商材購入費など)
控除  扶養控除 社会保険控除 医療費 生命保険控除 など

 

これを踏まえて、ケース別に説明します。

 

給与収入がある人の場合

 

いわゆる、サラリーマンとかOLなど、年間の給与収入が2,000万円以下で、
副業(例:アフィリエイト報酬)での所得金額(総収入から経費を引いた金額)
が20万円以上ある場合は、確定申告の義務があります。

 

つまり、副収入の所得金額が20万円以下ならば申告の必要はありません。

 

ただし、所得金額が20万円以下でも医療費を10万円以上使っていたり、
ローンで住宅を購入した初年度など、税金還付の可能性があり申告したほうが
よいケースもあります。

 

 

主婦の場合

 

専業主婦でご主人の扶養家族になっている場合、所得金額が38万円以上で
確定申告が必要になります。

つまり、報酬などの総収入から経費を差し引いた金額が38万円以下ならば、
申告の必要はありません。

 

なので、経費がいくらかかったかが重要になりますので、
上記の表で挙げたような経費に該当する支払いの領収証や
通帳の明細を保管しておきましょう。

 

もし、所得が38万円以下だったからと確定申告しなかった場合でも、
後々稼げるようになってから調べられる可能性もあります。
そのときに申告漏れではないことを証明するのにも必要です。

 

また、ご主人の扶養範囲内でパートなどで働いている方も多いと
思いますが、その場合はちょっと違ってきます。

 

38万円という壁は同じですが、計算の仕方がこうなります。

 

パート収入80万円 - 給与所得者控除65万円 = 所得額15万円・・・所得①

アフィリ報酬30万円 - 経費8万円 = 所得額22万円・・・所得②

 

所得①と所得②を足しても37万円ですので、
この場合は申告の必要はありません。

 

つまり、所得①と所得②を足して38万円以上になれば、
申告の義務が出てきます。

 

で、余談になりますが税金以外で大切な話を。

ご主人の扶養に入っている場合、主婦が社会保険料を支払うことはありませんが、
所得①+所得②の合計が130万円を超えるとご主人の扶養から外れ、
自分で保険料を支払うことになります。

 

この金額が馬鹿になりません。

 

個人事業主となるので、国民年金、国民健康保険に自ら加入しなければ
ならないのですが、保険料の額がご主人が負担している金額よりかなり高いです。

 

計算方法はお住いの地域によっても違いますし、収入金額にもよりますので
いくらとは言えませんが、130万円ちょっと超えたぐらいだと、
世帯収入が逆に減ってしまうこともあり得ます。

 

この仕組みは、働いている方はご存知だと思いますが、パートや
アルバイトと違ってアフィリエイトは収入のコントロールが難しいので、
ちょっと頭に入れておいた方が慌てなくて済むと思います。

 

ちなみに、目安として

 

サラリーマンやパートなどで収入のある人は、ネットビジネスで
月15,000円以上、ほかに収入がない人は月30,000円以上の
収入が入るようになったら、確定申告の準備や心構えをしておきましょう。

 

 

アフィリエイトの確定申告で認められる経費

では、どのようなものが経費になるかをまとめました。

ただ、これがすべてではなく、何をアフィリエイトするか、
どのような活動をしているかでも変わってきますので、
考え方として参考にしてください。

 

通信費 電話代、プロバイダー料、レンタルサーバー代、ドメイン所得、維持費
支払手数料 ASPからの報酬が振り込まれる際に差し引かれた振込手数、経費となるものを購入した時の振込手数料
 旅費交通費  セミナー参加のための電車、バス代、駐車場代など
 消耗品費  10万円未満のパソコン、周辺機器、インク代、コピー用紙代など
 事務用品費  ボールペン、ノートなど
 図書研究費  書籍、情報商材の購入費
 接待交際費  情報交換、収集のための会食費
 水道光熱費  事業用部分の電気代 *1
 広告宣伝費 PPC広告費用など
 外注費 外注で依頼したもの
 地代家賃 事務所家賃、また賃貸の自宅兼事務所の場合、事業用部分について *1
 減価償却費 *2  10万円以上のパソコンなど

 

*1 ネットビジネスは主に自宅で作業することが多いと思います。
その場合、一部を経費として計上することができるものがあります。 
まずパソコンを使いますので、電気代は計上しましょう。
どの程度が事業用かを判断するには時間で考えるといいでしょう。 
家賃についても、リビングなど共用部分を使っているなら時間で判断し、
1部屋を事業専用にしているなら1部屋分(4部屋のうち1部屋であれば、
家賃の4分の1程度)という具合です。

 

*2 10万円以上の資産は、一度に経費に計上できないので複数年
(品目により耐用年数が決まっており、その年数)にわたって分割して計上します。

 

以上が、一般的に考えられるアフィリエイトにかかる経費ですが、
作業内容、活動内容によってはほかにも考えられると思います。

基準は、「収入を得るために必要なもの」です。

 

確定申告 アフィリエイトは事業所得?雑所得?

確定申告が必要なのはわかった。 経費についても理解できた。

すると次は、アフィリエイト収入はどの所得に分類すればいいのか?
という疑問が出てくると思います。

 

アフィリエイト収入は、事業所得 または 雑所得となります。

 

どちらにしても間違いではないのですが、どちらになるか
(税務署に認められるか)は、ざっくり言うと 儲ける気があるか、
片手間の副業なのか、ということになります。

 

ただ、事業所得として申告するには「開業届」を提出する必要があります。

 

しかし、現実問題、アフィリエイトなどネットビジネスを始めたとしても
実際に収入を得るのは、いつからになるかわかりません。

 

「よし!今年からネットビジネスで稼ぐぞ!」と最初から開業の準備をする人は
ほとんどいないと思います。

 

なので、確定申告の時期がきて、申告が必要だけどどうしようか・・・と
なった場合は、雑所得で申告することになります。

 

で、初めは雑所得で申告しても税金の負担もさほど変わらずに済むかもしれませんが、
本格的に稼いでいくつもりならば、早い段階で開業届を出しておく必要があります。

 

開業届は開業した日から1か月以内と提出期限が決まっています。

提出した年度分から事業所得として申告できます。

 

例えば、2018年6月1日に開業した場合、開業届の提出期限は6月30日です。
すると、翌年の確定申告の時(2019年2月16日から3月15日までの間)に
2018年6月1日以降の所得を事業所得として申告することができます。
(ちなみに、開業前に収入があった場合は、その分は雑所得で申告します。)

 

また、今年度分から事業所得として申告しようとするならば、
その年の1月31日までに開業届を提出しなければなりません

例えば2019年1月31日までに提出すれば、2019年度分から、
つまり2020年に提出する申告から事業所得となります。
(年度とは、1月1日から12月31日となります)

 

そして、同時に「青色申告承認申請書」も提出しておきましょう。
(提出期限は開業から2か月以内ですが、ついでの方が一度に済みます)
青色申告についてはこのあと詳しく説明しますが、事業所得として申告するならば
メリットが大きいので、忘れずに!!

 

 

ところで、サラリーマンが副業で事業所得として申告する場合は、
注意する点
があります。

 

以前、サラリーマンが架空の副業を赤字で申告し、正規の収入(給与所得)
から納めた所得税を還付させようと、悪用されたという事件が多発しました。

 

そのため、今は税務署の目も厳しくなっており、脱税目的ではないかどうか、
事業内容等の説明を要求されることもあるようです。

 

なので、どれくらい真剣に取り組んでいるのか(例えば、毎日どれくらいの
作業時間をとっているか、儲かるためにどのようなことをしているのか、
そのための設備や労力はどんなものか)などををしっかり説明できる準備は
しておいた方がよいでしょう。

 

 

 

アフィリエイトの確定申告に必要な準備

 

税務署に提出する書類以外で、準備しておきたいことがあります。

 

まず、ネットビジネスを始める段階で収入があるなしにかかわらず
報酬を受け取る可能性のあるASPを管理できるようにしておきましょう。
一つや二つなら忘れることもないでしょうが、何件もあると将来的に
わからなくなってしまう可能性もあります。

 

件数の少ないうちから一覧表をつくるなどして、管理しましょう。

 

また、報酬の振込先を事業用として一つ用意しておくことをお勧めします。

一か所にまとめておくとわかりやすいですし、プライベートと分けておくことで
管理も楽です。

 

そして、経費となりうる支払いの領収証やクレジットカードの明細
取っておきましょう。

 

もし必要がなければその時処分すればよいのですから、
なくて損をしたり困る方がデメリットです。

 

大抵の場合、(アフィリエイトは特に)いつから収入が入ってくるのかわかりませんから
帳簿の準備などは後回しになってしまうことが多いと思います。

 

そんな時でも、明細さえわかっていれば困ることはありません。

 

帳簿については、次に説明するどちらの申告方法を選ぶかで違ってきます。

 

申告するには白色申告青色申告の2種類があります。

次は違いを簡単に説明しながら、帳簿に関しても触れていきます。

 

アフィリエイトの確定申告、白色申告と青色申告どちらですればよいの?

 

白色申告とは

節税するほど収入がない

経費が少ない

今回限りで今後はアフィリエイト収入などはない

 

というような方は、白色申告でよいでしょう。

 

ただ、以前は帳簿が必要ないという手軽さがありましたが、
2014年1月の法改正より白色申告にも帳簿の記帳、保管が必要となりました。

 

単式簿記という家計簿やお小遣い帳のような入出金がわかればいい
簡単なものですが、入金先の名称、内容、日付などの詳細も記載が必要です。

 

 

青色申告とは

将来的には法人化したい

家族が経理を担当してくれる

人を雇うぐらい収入がある

 

このような人は、多少手間がかかっても青色申告をした方がお得です。

 

 手間というのは、青色申告をするためには、事前に届け出が必要ということです。

 

しかしそれだけで、課税対象額からの控除という特典がありますので、
収入が増えてきたら青色申告をお勧めします。

 

 

控除には、10万円と65万円の2通りがあります。

 

10万円の控除だと、白色申告と同じく単式簿記の帳簿でよいです。

 

なので、白と青で迷う程度の収入であれば税額もさほど変わらないので、
承認申請の手間と帳簿の記帳の手間を考えれば、最初は白色申告でもいいと思います。

 

一方65万円の控除を受けるには、複式簿記の帳簿が必要になります。

しかし、その手間以上のメリットがあります。

 

同じ青色申告をするならば、特典の多い65万円の控除を受けたいですよね。

 

いくつかの特典があるのですが、解りやすいものを二つ挙げてみると、

 

まず1つ目は、
65万円の課税対象額控除に加え、3年間の赤字繰り越しが可能という点です。

 

どういうことかというと、例えば1年目は100万円の赤字で、
2年目には100万円の黒字だったとします。
すると、2年目の黒字額と1年目の赤字額を相殺することができ、
2年目の利益は0円とみなされ、課税されないということです。

事業を始めたばかりの人にとっては有り難い制度ですよね。

 

 

そして二つ目は、家族への給料が全額経費にできる ということです。(届出が必要)

本来、家族への給与は経費にはできませんが、青色事業専従者給与に関する届出書
という書類を税務署に提出し、受理されれば可能となります。

なので、経理は奥さんや家族に任せるという場合は、利用できますね。

 

 

そのほかにも、経費として計上できる特典がありますので、
ある程度の収入があれば、青色申告するメリットの方が多いと言えます。

 

 

アフィリエイトの確定申告、帳簿や書類はどうすればよいの?

では、実際に確定申告をするために必要な帳簿や書類はどうやって作るか
ということですが、

上記に挙げたように手伝ってくれる人がいると良いのですが、
そうでない場合は会計ソフトがお勧めです。

 

というか、誰かにやってもらう場合でも会計ソフトを使った方が正確ですし、
手間も全然違います。

 

商業高校を卒業した私でさえ、実際に経理をやるとなると授業とは全く違います。

忘れているし、苦手だったし、面倒だし・・・(-_-;)

手書きから会計ソフトに変えたときは、あまりの簡単さにびっくりしました。

 

銀行口座や科目を登録しておけば、あとは仕訳帳に金額を入力していくだけで
帳簿はもちろん、決算書や申告書など申告に必要な書類がすべて自動的に作成されるのです。 

 

仕訳さえ正確にできていれば難しい簿記の知識がなくてもできてしまうのです!

 

これでもう、複式簿記の記帳が必要という、青色申告のデメリットはありませんね。

 

 

使いやすい、代表的なものを二つ紹介しておきますね。






どちらも月1,000円程度から利用できますし、無料お試しもできます。

 

簡単に済ませて節税もして、本業に力を入れるのがベストでないでしょうか。

 

 

アフィリエイトの確定申告 まとめ

では最後にポイントをまとめます。

 

ネットビジネスで収入を得た場合、所得税の申告、納税は自分で行う必要がある。
これを確定申告という。

 

確定申告が必要な人

サラリーマンやパートで働く主婦など、給与所得があり、
さらにネットビジネスの収入が年間20万円以上(月平均15,000円目安)ある人

 

専業主婦など、ほかの収入がない場合、ネットビジネスの収入が38万円以上
(月平均30,000円目安)ある人

 

事業としてしっかり稼ぐつもりならば、開業届を開業後1か月以内に税務署に提出する。

 

 

準備として

ネットビジネスを始めたら収入の明細の管理、保管をしておく。

 

通帳やクレジットカードは事業用を用意する。

 

経費となるものを把握し、領収証を保管しておく。

 

しっかり稼ぐつもりなら、早めに届出をしておく。
(開業届、青色申告承認申請書、青色申告専従者給与に関する届出書)

 

 

申告書には2通りある・・白色申告 と 青色申告

白色申告

節税するほど収入がない

経費も少ない

収入は継続的ではない(今回限り)

という人に適している。

 

青色申告

将来法人化したい

家族が経理を担当してくれる

人を雇っている

収入が多くなってきた

という人に適している。

 

青色申告には事前承認が必要だが、節税のための特典が多い。

しっかり稼ぐなら、青色申告がお勧め。

そのためにも、会計ソフトを利用して楽に節税をするのがベスト。

やよいの青色申告オンライン

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

 

いかがでしょうか? 
確定申告についてちょっとハードルが下がったと思っていただければ嬉しいです。

 

パソコンが使えて、小学生の算数ができれば難しいことはありません!

税務署の方も丁寧に教えてくださいますし、「税務署に聞くほどでも・・・。」と
いうことがありましたら、遠慮なく お問い合わせ からご質問くださいね。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

記帳が楽しくなるぐらい、一緒に稼ぎましょう♪

                        三好 市夏

 

アフィリエイトを始めてみたい!と思ったら

「アフィリエイトの入門書」をこちらからどうぞ。
  

 初心者さん続々参加中!!
   ↓  ↓  ↓